<< 思わず叫んだ、プール6 | main | ファビオ・ジェーダ「海にはワニがいる」を読みました。 >>
2014.09.01 Monday

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」を読みました。

0
    福岡伸一著
    「生物と無生物のあいだ」
    講談社現代新書

    小学校の時一度転校した。新しい学校の担任の先生が「人間とはなにか」みたいな質問をした。私は何度も手を上げて答えた。先生は間違ってないけれど答えの全部ではないといった。たいへん難しい問いだった。私がなにを答えたかももう覚えてないし、先生が答えを教えてくれたかどうかも記憶の底に沈んでいる。
    私はこの本も大きなテーマの読み物だと思っていた。しかし実際に読んでみると大きな海に潜って、どんどん深海の奥の、そのまた奥の洞窟のようなところにまで入り込んで、小さなダイヤを探すようなテーマだった。入り口は広いのだけれど、話の多くはせまく深いところにまで及んでいた。かといって退屈ではなく、そこに辿り着くまで先生は多くのお話で私を楽しませてくれた。難しいのに難しくない。先生はそういう不思議な話術を持っている。
    確か福岡伸一先生はANAの翼の王国に美術とニューヨークの話を連載していたのではなかったか。これまで適当に読んでいておしいことをした。先生の違う本も読んでみよう。


    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM