<< 6月14日 西武3−2阪神 | main | 「イラン人は面白すぎる!」を読みました。 >>
2014.06.16 Monday

穂村弘「絶叫委員会」を読みました。

0
    穂村弘著
    絶叫委員会
    ちくま文庫

    今日図書館に本を返しに行こうと思ったら月に一度の休館日。
    図書館にも休みは必要だ。
    私が図書館員だったら休日出勤して本の並びを徹底的に直す。
    そんな必要ないか。

    久しぶりに穂村弘の本を読んで笑ってしまった。電車の中でなくてよかった。穂村弘の記憶している子供たちの会話、若い学生の会話はおもしろい。今気がついた。梅佳代の写真とそっくりだ。それを見つける力、切り取る力、凡人ではない。まあ今さら私にいわれることじゃないと思うけれど。しかし私は知っている。こんな面白おかしい文を書くのは穂村弘の見せかけの魅力であると。本当は裏でもんのすごい切れ味の刃物を研いでいるのだ。それをなかなか見せないのだ。
    他の面白おかしい本をまた読みたい。


    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM