<< 横浜美術館「ドガ展」を観に行ってきました | main | スタバでおしゃべりした >>
2010.10.19 Tuesday

万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読みました

0
    万城目学著
    「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」
    ちくまプリマー新書
    860円(税別)

    大阪の友達からいただいた一冊。童話っぽい物語なんだけど、新書。なんでだろう。
    実は新書って紙が硬くて、形も大きいから、寝っ転がって読むにはちょっと向かない。
    すぐに本がパタンととじてしまう。
    話が冒頭からそれてしまうけれど、私はうちで本を読むときは寝っ転がって読むことが多く、しかもテレビのリモコンで押さえて読んでいる。ビデオのじゃダメで、エアコンのもダメで、テレビのリモコンがいい。
    だけど新書の場合は押えきれない。んまあ、それだけなんですけどね。

    かのこちゃんは小学校一年生の女の子、マドレーヌ夫人はメス猫。
    私は一番重要なのはお父さんじゃないかと思っているのだが、
    お父さんは実際こんなお父さんいないんじゃないかと思うほど、やさしい。
    心も広い。だからかのこちゃんはのびのびと生きて、育っているのだと思う。
    「となりのトトロ」に出てくるお父さんみたいなのだ。

    私は犬を飼えなかったし(物語に犬も出てきます)、猫もダメだったし、
    お祭りでお菓子なんて買ってもらえなかったし、
    夏の自由研究なんてお父さんが手伝ってくれるわけないし、
    なにからなにまでうらやましいの塊の本であった。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Apple
    Amazon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM