「アルプスの物語 ハイジ」を観てきました。

今日は恵比寿ガーデンシネマで「アルプスの物語 ハイジ」を見てきました。

吹き替え版だったのでお子さんたちもたくさんいました。

 

 

111分の中にたくさんの物語が詰め込まれています。

なのでどうしてもはみ出してしまった部分がある。

アニメ版で細部まで知り尽くしている大人たちには

物足りなさもあるかもしれません。

 

ハイジが山に帰りたがるところや、夢遊病に苦しむ姿、

おじいさんがハイジを愛している気持ちは

涙なしには見ることができません。

 

おじいさんが人を殺したのではないかという噂があり

ハイジがそれをおじいさんに聞く場面。

クララのおばあさまがなぜ読み書きを学ぶのかということを

ハイジに話す場面。

大人たちは、自分の目で確かめて、自分で決めなさい。

人がどうこうとか関係ない、と。

 

随分昔から大人たちは繰り返し物語を通して

生き方を説いていたわけです。

私、ちっともわかってなかった。

今ならわかります。

 

|2017.09.02 Saturday|観るcomments(0)|by ciao

アルマーニとアントラーズ。

ムーンライト展開催中銀座に行く機会が多くて、

あるときジョルジオ・アルマーニのウインドウに心を奪われた。

 

真っ赤なジャケット。

フェルト生地(多分)でできている。

前の合わせはロープで装飾。

色がほんとにイタリアらしい赤。

 

 

別の窓には皮のジャケット。

小さな模様はすべて皮を小さく切り取ったもの。

それを見えないように縫い合わせている。

どちらのジャケットも美しく、

私の創作意欲をざわざわと掻き立てる。

 

 

ムーンライト展搬出の夜、等々力競技場でサッカー観戦。

等々力競技場が改装されてはじめて行った。

入り口も売店も席も全部きれいになっていた。

屋根がついているので、突然の雨(この日も)もある程度は大丈夫。

こちらは鹿島アントラーズサポータ側。

 

 

同じ関東とはいえ、東京をまたいで多摩川を越えてやってくる鹿島サポーターは

情熱にあふれている。

 

 

こちらは川崎フロンターレサポータ側。

 

 

この日は川崎が3−1で勝利。

鹿島は負けたがまだ首位。

このまま優勝できるかはまだわからない。

 

私はサッカーの見方がいまいちわからないのだが、

スタジアムで見るとディフェンスラインとか、

金崎&鈴木の位置とか

相手のディフェンスの位置とかが

自分の視点で確認できるので

何となく分かる。

テレビでは自分の見たいところは見れない。

 

|2017.08.22 Tuesday|観るcomments(0)|by ciao

銀座月光荘「ムーンライト展2017」始まりました。

本日、ムーンライト展の初日を迎えました。

月光荘の画室2に展示してもらっています。

いつもいいところに展示してもらって、

幸せなことだなあと思います。

 

この作品の題名は「上へ上へと昇り始めた」です。

たくさんの靴下を使って立体物を作りました。

 

 

8月13日(日)16:00までの展示です。

お時間ありましたら銀座に遊びに来てください。

 

|2017.08.07 Monday|観るcomments(0)|by ciao

資生堂ギャラリーで情熱的な刺繍を観てきました。

先週、資生堂ギャラリーの沖潤子さんという方の刺繍の展示を見てきました。

魂のうねりといいますか、

感情のどろどろといいますか、

情熱が心から這い出てきたような刺繍の数々でした。

ずっと見ていられます。

椅子があったらずっと座って見ていられます。

それくらい緻密で、見ている人の心を奪うものでした。

私もこういう湧き上がるような作品が作りたい。

切実にそう思いました。

 

 

この日、私は公募展の搬入に行ってきました。

結果が出るまでしばしの時間です。

うまくいったらまたお知らせします。

 

|2017.07.25 Tuesday|観るcomments(0)|by ciao

映画「結婚」を観てきました。

本日公開、映画「結婚」見てきました。

劇場はがらがら。

予約で優先的に取れるエグゼクティブシートだけ埋まっておりました。

なぜか半分くらいが男の方でした。

 

 

ディーン・フジオカは確かにかっこよかった。

影のある男。

結婚している結婚詐欺師。

原作、読んでみたい。

 

|2017.06.24 Saturday|観るcomments(0)|by ciao

6月14日(水)神宮球場に東京ヤクルトvs楽天の試合を見に行ってきました。

6月14日(水)、神宮球場でヤクルトvs楽天戦。

ヤクルトはこれまで交流戦1勝のみ。

神宮ではまだ1勝もしていない。

セ・リーグでも交流戦でも最下位という成績。

畠山もいない、バレンティンもいない、川端もいない、

中村もいない(翌日抹消)というボロボロチームだ。

対する楽天は、パのトップ。

ペゲーロだのウィーラーだの腕っ節の太い助っ人を並べている。

 

この日の試合結果は3−2で、ヤクルトが逃げ切りました。

先発は由規。東北出身の投手。

最後は秋吉。9回は球が走ってました。

 

驚いたのは、ファンに悲壮感がないこと。

今月ほとんど負けてる。

そんな低迷の割にファンは平常だった。

そして回を追うごとに外野から徐々に埋まっていく。

もちろん強い方がいいに決まってるけど、

強いヤクルトだけを好きなわけじゃない。

山田が打って走る、由規が投げる、雄平が守る、

選手たちが野球をしている姿を見るためにやってくる。

いいチーム、そしていいファン。

そしてみんなとにかく野球が好きなんだ。

私も野球が好きだ。

自分の好きなチーム以外の野球を見るのも好き。

みんなが喜んで東京音頭を歌っている姿を見るのも好きだ。

 

この日、球場に入る前に中西太を見かける。

すごくかっこよかった。

もっと見ていたかった。

 

 

神宮に行く前に青山の「ふーみん」へ。

ランチタイムが長いのと、おいしいのと、サービスが心地よいのとで

青山でここに行くのが好き。

この日は中華丼。

ご飯がないんじゃないかと心配になるくらい中華あんがすごい。

もちろんおいしい。

白菜も、豚肉も、えびも、小松菜もなにもかも。

 

 

|2017.06.16 Friday|観るcomments(0)|by ciao

「写真家ソール・ライター展」を観てきました。

 

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで

「写真家ソール・ライター展」を見てきました。

本日初日。

 

60年前のアメリカ。

絶妙に切り取られたニューヨークの街。

隙間の向こうの横顔。

 

モノクロ写真あり、カラー写真あり、絵画あり。

カメラの展示もある。

絵の道具の展示もある。

 

職業写真家として、

自由な写真家として、

絵を通しての表現者として

とてもよかった。

 

表現は自由だ。

だれかにそれを認めてもらうとうれしい。

もう亡くなってしまったソール・ライター。

生きているうちにもっと彼の才能を見せつけてほしかった。

 

|2017.04.29 Saturday|観るcomments(0)|by ciao

映画「パッセンジャー」を観てきました。

今日は春休みの映画の日。

映画館は激混みであった。

 

映画「パッセンジャー」は公開からそう時間がたっていないのだけれど

小さな劇場に割り当てられ、ほとんどがおじさんだった。

おじさんは一人で見に来るんだなあ。

 

先日見た「ララランド」、私は結構好きだった。

今日見た「パッセンジャー」、どうかなあ。

しかしだんなさんの評価は逆だった。

人によって違うんだなあ。

基本、男女の恋の物語。

二人はどうやって知り合い、

どうやって恋に落ち、

どうやって別れるのか。

または別れないのか。

 

アメリカン人の考える宇宙船にはバーがあったり、

プールがあったりする。

日本人だったらお風呂作るだろうな。

あと、冬眠カプセルの中には布団かな。

 

アゼリアがいつの間にかきれいになっており、

雲呑のお店でランチ。おいしかった。

雲呑食べながら映画について語った。

 

さあ、4月が始まった。

 

|2017.04.01 Saturday|観るcomments(0)|by ciao

映画「彼らが本気で編むときは、」を観てきました。

先週末、映画「彼らが本気で編むときは、」を見てきました。

編み物がテーマの映画だと思っていたけれど

実はもっと大きなテーマがたくさんあって

編み物は過去と現在、人と人をつなぐきっかけのひとつでした。

 

母子家庭、

育児放棄、

いじめ、

介護問題、

孤食、

LGBT、

親子関係。

 

田中美佐子の役も演技も良かった。

 

|2017.03.08 Wednesday|観るcomments(0)|by ciao

映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。

アカデミー賞の前日、映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。

映画館はほぼ満員。

 

エマ・ストーンは知らなかったけど、

ライアン・ゴズリングは映画「ドライブ」で好きになりました。

寡黙な男で犯罪の片棒を担ぐ影のある男の役でした。

 

今回は、歌って踊って弾いてしゃべってという役でした。

そのあたりちょっと違和感があったけど、ピアノがよかったから許す。

 

ストーリーとしては女優の卵とジャズピアニストの夢と恋のものがたり。

なんてことはないといえばなんてことはないし、いいといえばいい。

きっと見た人によって感想がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。

 

私は、

女優が成功して

ちょっとパッとしないダンナと結婚しちゃったけど

元カレ、結構いい男だったのよ、

な印象でした。

 

どんな感想を抱くにしろ自由ですが、

映画が終わった後エンドロール(あの字がだらだら〜って流れる時間)

ほんとどだれも立ちませんでした。

あの間にいろいろ自分なりにみなさん振り返っていたんじゃないでしょうか。

そんな映画、ちょっと久しぶりですよ。

たいだいみんな、じゃんじゃん帰っちゃいますから。

 

音楽、もう一度聞きたいな。

アカデミー賞のあのドタバタはあれはあれで劇的でおもしろかった。

(ずっとWOWOWで見てた)

忘れられない年になったんじゃないでしょうか。

 

WOWOW

|2017.02.28 Tuesday|観るcomments(0)|by ciao
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Twitter / ciao_chiaia DUGONG

オススメ オススメ オススメ
愛と情熱のジプシーズ
愛と情熱のジプシーズ (JUGEMレビュー »)
チコ&ザ・ジプシーズ,松崎しげる with チコ&ザ・ジプシーズ,シャルル・アズナブール,ルセンゾ,ソフィア・エッサイディ,パトリック・フィオリ,シゲル・マツザキ,松崎しげる,フローラン・パニー,ジュリアン・ドレ,ナナ・ムスクーリ
オススメ オススメ オススメ オススメ オススメ コメント
アーカイブ
カテゴリ モバイル
qrcode
リンク Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ